2012年12月25日

MERRY CHRISTMAS!

久しぶりに更新、ごめんなさい。
東京、札幌、愛媛に展示会に行った後
立て続けだったので少し疲れてしまい
しばらくお休みしていました。

しかし早いものでもうクリスマス、
今年も終わろうとしています。
今日は親しい友人とアトリエで女子会。
友達と話していると得るものは多くて、
考えさせられたり学ぶので
友達は財産だなあとつくづく思います。

東京に住んでいた時、この時期忙しいことが多くて
満足のゆくクリスマス飾りができていなかったので、
今年こそはと、リースからツリーから色々と
飾ってみました。

DSCF1177.JPG DSCF1178.JPG

ツリーに作品を飾りました。

DSCF1176.JPG DSCF1179.JPG

まつぼっくりは去年神社で拾った2種類を
何回か湯通しして乾燥させて
自然のままに付けてみました。
 

DSCF1174.JPG DSCF1181.JPG

どんぐりを大量にも持っていたのを思い出し、
小さいツリーに付けてみました。
キャンドルもいっぱいともして

DSCF1173.JPG

特にお気に入りはこの自作きのこと
日本橋三越のフランスフェアで買った
きのこのフェーヴたち。
見てるだけで温かい気持ちになります。

DSCF1184.JPG DSCF1175.JPG

玄関も飾りに飾って、リスにきのこに鴨までも。

DSCF0604.JPG DSCF0599.JPG

こちらは中島公園のある日の鴨。
鴨は見飽きない。人慣れしているので
近くまで行けるし、愛らしいし今年は
何度となく見てました。

DSCF0612.JPG

DSCF0617.JPG

DSCF1104.JPG

紅葉の時期の鴨。

DSCF1122.JPG

水面に季節の色が鮮やかな
中島公園もこんな綺麗な時期が
あったのに、、、

DSCF1110.JPG

今ではすっかり雪に覆われていますよ。
今年は例年の5倍の積雪量なんだとか。
まだまだ北海道の冬は長いですね。

友達と話していて、「来年を一言で表すと?」と
質問され、思わす浮かんだのは「清」でした。
清めたいのか?清く正しく生きたいのか?
先日、別の友達が
「しばれる冬の寒さは清潔感があって嫌いじゃない」
と言っていて、清潔感てなんかいいなと思って
しまいました。
その友達はいつもきちっとした服装なんですよね。
友達は今年が「超」で来年が「輝」なんだとか。
皆さんも考えてみると面白いですよ。



posted by ローズ at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

展示会のお知らせ

今年の札幌の夏は、本当に暑かったです。
何だか湿気にぐったりしてやる気の出ない日も
ありましたが、、急に秋が来てしまい
それもそれで着るものに困りますね。
これから、今日東京に行ってきます。
日本橋三越本館7階にて
本澤敏夫氏と共にフランスフェアに出展します。
ドールハウス、ミニチュアの他に雑貨、アクセサリーも
出す予定。

フランスフェア.jpg

今回、飾りやすような小さな作品たちを
作りました。
色とりどりで綺麗なフランスのお菓子を
ミニチュアで表現してみました。
マカロン、ギモーヴ(マシュマロ)、シュー、
エクレア、カヌレなど、、
そのほかにも色々な世界があるので
よければ見にきてくださいね。
毎日会場にいて、実演しています。

posted by ローズ at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

教室のお知らせです。

ハロウィンの時期が近くなってきました。
ヴォーグ学園札幌校にて
「森の中のハロウィンパーティー」という
半日教室を開催します。
こんなフレーム付きボックスを飾ってみては
いかがでしょう?
(H21×W16×D8cm)

DSCF0900.JPG

森の中でのハロウィンパーティーの様子を
作ります。テーブルの上のカボチャや
カボチャのパイ、キャンディー、スープなど、、
楽しいパーティーの装飾を作ります。
初心者でも心配いりません。
お手伝いしますのでその日に完成、
持ち帰ることができますよ。
是非この機会にご参加ください。

9月29(土)10:30〜15:30
参加費 9800円(税込・材料費込)
定員10名
お問い合わせ・お申し込み(予約制)
ヴォーグ学園札幌校
TEL011−272−4410
posted by ローズ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

夏休みの思い出、羅臼、知床

またまた久しぶりのブログです。
今年の北海道は気候がおかしいですね。
残暑がこの時期まで厳しいとは、、
クーラーもないし毎日暑いです(苦笑)

先月の話ですが、羅臼、知床方面に行ってきました。
網走生まれなのでそっち方面は詳しくてもいいはずなのに
わたくし、全然詳しくありません。
だから全て見るものが新鮮。
道外生まれの連れの方がよっぽど詳しい。
まるで、ガイドさんを同行しているかのよう(笑)
唯一、行きの途中で寄った網走市立郷土博物館
だけは、子供の頃おじいちゃんとよく行った
覚えがあるので、とても懐かしかったです。
オホーツク海に棲息するトドやアザラシ、
北の森を代表するヒグマ、エゾシカ、
キタキツネ、エゾリス、
海、湖の鳥類に植物、昆虫、、、
数多くの動植物たちが、ここでしか見られない
展示の仕方で展示してある姿は貴重に感じました。
まるでここだけ時間が止まっているかのような
静けさが独特の空気感とナフタリンの匂い。
1万年以上前の旧石器時代からアイヌ文化までの
遺跡の展示、江戸から明治、大正期の
生活用具などの展示もあります。

あれだけ、子供の頃よく足を運んだということは
当時から私はこの場所が相当好きだったのでしょう(笑)
いっぱい山道の階段を登らないと
たどり着けなかったので
おじいちゃんは付いて来るのが大変そうでしたが。
是非、網走に来たら寄ってみてください。
観覧料も大人120円と安いです。

そして次の日は、羅臼の海から
「ホエーウォッチング」
「羅臼の海を見ずして知床は語れない」と言いますが
私もこんなのがあるとは知りませんでした。
一応船酔いしないよう酔い止めを飲んで、、

DSCF0894.JPG

この船で救命胴衣を着け、いざ出発。
海がひどく荒れてたりすると出発できないことも
あるそうで、、多少曇りではあるものの、
雨でも強風でもなくてよかった。

DSCF0882.JPG

北方領土の国後島が見えました。
近くに感じられるなんて。

DSCF0878.JPG

船の後にできる波の形がかっこいいので撮る(笑)

DSCF0876.JPG

時折、イルカがジャンプしているのが見える
のですが、、残念なことに早過ぎて撮れません。
はたして、クジラは見ることが出来るのか。。
こればっかりは運なので、見れなくても仕方ありません。
現に私たちの前の時刻に出発した船では
見られなかったようです。

とそこへ、ロシア海域へ近付いたところに
姿確認。潮も何度か吹いてます。

IMG_0613.JPG kuji.jpg

ロシア海域には近付けないので、
かなり遠いとこからですが、
見られました!!
引き延ばすと画がボケるので
小さくてごめんなさい。いいカメラほしいですね。
でも感動的。

DSCF0880.JPG

帰りは日が射して、行きと違う風に見える
国後島でした。
船酔い特になく、、多少日焼けはしたけど
自然の偉大さを知って楽しめました。
改めて地元北海道の良さを知る旅です。

そして三日目は知床五湖を見に。
こちらも楽しみにしていたのですが、、
ヒグマ目撃が多発しているらしく、
一湖だけで閉鎖していました。
知床は2005年に世界自然遺産に登録されました。
遠くオーストラリアから赤道を越えて海鳥が来たり
世界的に希少種のオジロワシ、シマフクロウ、
シャチなど色々な生き物が多様なつながりをしている
そんな貴重なところなのです。
また、海と陸の生態系の連続したつながりがあり
これが世界遺産になった理由でもあるのです。

siretoko.jpg


DSCF0850.JPG


高架木道を20分ほど歩くと湖畔展望台へ着きます。

DSCF0851.JPG

その中にシカが一匹いて、絵になる姿。

DSCF0845.JPG

何やら、人が集まって騒がしいので
近寄ると、、柵の向こうに小熊がいました。

IMG_0653.JPG IMG_0648.JPG

まさか小熊に会えるとはね。

DSCF0833.JPG

帰り道には子ぎつねも。

DSCF0835.JPG

あまり動かないから皆撮り放題。

DSCF0866.JPG

そして道路脇にはシカの親子。

DSCF0863.JPG

全然、人間に驚かない。
シカはいっぱいいます。
なので、料理にシカ肉がよく出て来たり、
シカ肉バーガーなんてのもあります。

DSCF0819.JPG

フレぺの滝遊歩道を歩きました。

DSCF0823.JPG

右に見えるのがフレぺの滝。
知床半島のオホーツク側は100メートルを超す
断崖絶壁が続いていて、フレぺの滝は、断崖の中腹
から地下水が直接海に注ぎ込む珍しい滝なのです。

DSCF0825.JPG

高台に上って
ちょうど船が通って、こちらも
絵になる景色。
風が気持ちよかったです。

DSCF0829.JPG

今度はバスでカムイワッカの滝へ。

DSCF0830.JPG

ここ面白いんです。
子供も大人も滝の端を歩いて、
上に向かって歩いていくんですが
底が岩盤で全然すべらず歩けるんですよ。
しかも温泉が流れ込んでいるので
上流に行くほど温かい水温で、
吹き溜まりでは子供が泳いでいました。
滝を登ったのも初めてでした。
ここも癒しスポットですよね。

とまあよく歩けたのも、最近暑くてやってませんが
出来る時は豊平川を軽くジョギングや
ウォーキングしていたからかもしれません。
筋肉痛にならなくてホッとする私です。

北海道には有名、無名の自然のいいところが
沢山!!知らないと損をするような、、。
皆さんも行ける時は色々行ってみてください。


























posted by ローズ at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

いわみざわ公園JOIN ALIVE〜吉井和哉〜に行ってきました。

20日(金)に高校の同級生らとすすきので
飲み会があってその時、ライヴの話で盛り上
がり、「まっす、JOIN ALIVEの吉井さん見に
行かないの〜?」と言われた私。
そう、この日はグンちゃんのアリーナツアーと
重なるからとチケット取ってなかったんですよね。
でもアリーナ外れて、名古屋になったし、
ネットで調べたら、JOIN ALIVEチケットまだ
買えるし、飲み会で2軒はしごして12時帰宅した
のにもかかわらず、次の日朝6時から豊平川1時間
ジョギングして朝日を見ながら
「やっぱり私ファンなんだし、一人でも行こう!
吉井さんが岩見沢なんて来るの最初で最後かも
しれないし、めったにないチャンス、
これを逃してどうする!」
って、、行くことにしました。
同級生らに「やっぱり行ってくるわ」とメール。
みな、「そうだ!」と賛成のお返事(笑)

こういう時たま「感」のみで行動する時の
突発的な私は無敵(笑)というか、パワー全開?
「時たますごい行動力だよね」と言われます(笑)
確かに。

前日だったので、札幌からのシャトルバス予約は
出来ず、岩見沢までJRで行きました。
実はこっちに来て札幌、新千歳空港間の往復しか
JRって乗ったことなくて、、思わず往復特急の
切符の買い方から駅員の女性に聞く始末。
恥ずかしいったら。。
そして電車の一人旅♪とワクワクしながら、本でも
読もうとちょっと景色でも見ているうちに、わずか
20分で岩見沢駅に着いちゃいました(笑)近い。

いわみざわ公園まで行くバスは1時間に1本しか
ないし駅も商店街も閑散としているし、
大丈夫なのか?と思いつつそれらしき人4、5人と
バスへ。
そんな10時間も見れないし、
吉井さんさえ見られればいいんで、夕方6時くらい
に到着。(吉井さんはトリで夜8時35分出演予定)

   DSCF0386.JPG
   
   DSCF0387.JPG
   
 

   
青空も見えて今日はいい天気♪
早速、クロマニョンズのヒロトの声が聞こえる。
今年3回目となる全4会場、2日間で67組の
バンド、ミュージシャンが出演する夏フェス。
吉井さんの会場はROSE STAGE。
吉井さんにぴったりなステージ名。

クロマニョンズは、危険そうなので
ちょっと離れた土手から見てました。
上半身裸の小さい甲本ヒロトは、遠くから
でもすごい迫力。
吉井さんが「恐竜に見えた」と言ってたけど、
本当に生き物というかそういう感じ。

遠くといっても東京で見るより規模が
小さいくて近い!これはいい!
吉井さんも近くで見れそう。
しかし若者男子がコワい。
前の方、何人もダイヴしてるし。
まさか吉井さんのステージ
こんなんじゃないよね?
と思いつつ腹ごしらえ。
   
   DSCF0388.JPG

なんだか分からない鶏肉とオクラの煮た
メキシコ料理?を頼んでしまった。
これは失敗。とろみがあって味が全くない。
カレーにすればよかった。

   DSCF0389.JPG

仕方なく、タバスコかけて食べましたよ。
そして、この席から他のステージの知らない
バンドと観客をしばし眺めて、、

   DSCF0390.JPG

やっぱりこの場合はモヒート飲むでしょう(笑)
これ吉井さんの好きなお酒ね♪
ペパーミント、ライム、ラム、シロップ、
ソーダ水からなるこのカクテルは、ミントの
香りがスッとして夏にぴったりなカクテル。
爽やかです。
私けっこう、こうして一人でも楽しめる
タイプだけど
まさかフェス一人で行くなんてね。

  
   DSCF0391.JPG

そして夜も深まってきて、急に涼しい風。
吉井さんの前のバンド
Fear,and Loathing in Las Vegas
長いバンド名(-_-;)
の時、ちょっと会場入りしてみたけど、
若者がパンクのノリ。
後ろの方にいたけど、後ろは一人あたり
大きくとって踊り狂ってるし、ヘッドバンギング
してるし。
昔の私なら一緒にやったかもだけど、、
今やらないし、コワいのなんのって。
でも、我慢して、終わった途端前へ。
危険承知で前へ行く無謀っぷり。
いつものワンマンには50、40代の昔からの
ファンいるのに私の年齢なんて誰もいないし。
そりゃそうだ。
でもいいの。前から3列目ど真ん中、神席よ。

なんと、吉井さん登場まで45分間もその場
で静止。ぎゅうぎゅうで、吉井ファン最近若い
男子増えたから左右、後ろ、皆男子だし、
前のバンドで踊って汗だくだから、気持ち悪いから
密着しないでくれ〜だし(笑)

そしてついに、吉井さん登場!近い!
こんな近いのは初めて。吉井さんまで5メートル
位かな。
真近で見る吉井さんは、やっぱりカッコ良すぎる。
背高いのが強調されるんだね。
ボルドー色のロングコートに細みのタイだし。
やっぱり貴方はいくつになっても
ROCK STARだよ。

この日のセトリです。
1、母いすゞ
2、SPARK
3、マサユメ
4、煩悩コントロール
5、CALL ME
6、ALL BY LOVE
7、点描のしくみ
8、ビルマニア
アンコール
9、やさしくなりたいwith斉藤和義
10、LOVE LOVE SHOW with奥田民夫
11、FLOWER

若者、みんな「母いすゞ」とかも歌うんだね。
この民謡のような曲、最初若者ポカンだったと
聞いたけど。
そしてイエモン時代の曲、「SPARK」に
「LOVE LOVE SHOW」やるなんて、、
嬉し過ぎる。
前のカップルで来てた女の子が
「さあ〜乗りなよ〜私はあなたの馬〜!!」
って大声で歌ってるし(笑)
そして、何より吉井さん自身が、すっごい
楽しそうでした。
いつものセクシーオーラというよりも
北海道の自然に溶け込んだ爽やかぶりには
びっくり。タバコやめて調子いいみたい。
そして、飲み友達の斉藤和義に民夫ちゃんも
登場するなんてね。盛り沢山。
大満足した夜でした。
しかも帰りのバス、電車も順調で
1時間後には、家にいた私です。
やっぱり、行って正解。
感鋭し(笑)

私は最近は、「煩悩コントロール」が一番
好きです。
去年12月千葉のホールで聴いて以来好きで
イントロも耳から離れずかっこいいし、
「青い龍が空を駆け抜け、、」て歌詞の部分が
龍好きな私には気になっちゃって。
CD化してほしいのに〜

ここに歌詞書いちゃっていですか?

Play Station 3
ゲームソフト「バイナリ―ドメイン」テーマソング

 煩悩コントロール 作詞:作曲 吉井和哉

見えないコントローラーに繋がれ 僕らはまた出会った
空から垂れてる無数の神の糸

寝ても覚めても君のことを求めてしまうんだ
109に増えてしまった煩悩

さあ
また一人でこの夜を越えるのか
手を繋いで何処までも行けたなら
破れていた心は いつかはきっと塞がるよ
僕のすべてをコントロールしていいよ

青い龍が空を駆け抜け 僕に約束させる
「これでもう最後にするならいい」

さあ
嵐の中で見つけた金属は
また新しい扉を開く鍵
忘れていた願いは いつかはきっと叶うもの
ならばすべてをコントロールしていいよ

すべてを渡され僕らは生まれてきた
すべてをクリアして心の声を聞け

残りのひとつはコントロール

なぜ急いでここから出たいんだ
未来の音で目覚めてしまったから
だからすぐに向かおう誰かが呼び止めても
僕のすべてはコントロールできないよ

いや〜私はこの歌詞がツボです。
そして間奏で吉井さんがブツブツ
つぶやいてるのは
愛別離苦(あいべつりく)
怨憎会苦(おんぞうえく)
求不得苦(ぐふとくく)
五陰盛苦(ごおんじょうく)

仏教語です。
よく四苦八苦といいますよね。
人間には「生」「病」「老」「死」の四苦があり
これに「愛別離苦」「怨憎会苦」
「求不得苦」「五陰盛苦」の四苦を加えたものを
八苦というのだそうです。
こんな言葉を歌詞に乗せて歌う吉井さんは
やっぱり変わってて好きです。
勉強になりますね。

実は小学校の文集の「私の夢」というテーマに
作詞家になりたいと書いていた私。
東京外語大卒の作詞家の奈良橋洋子さん
のようになりたいなどと大胆なことを書いて
しまい、今だに「あれは衝撃だった」と同級生に
幾度となく言われてしまう。
そんな頭脳などありはしないのに。
そう、あの頃は家が厳しくて、あまりテレビを見させて
もらえなかったから、頼るはラジオ、、音楽だった。
ので、小学生の頃から歌詞には敏感だった。
屈折した少女時代(笑)
おかげで、想像力がたくましくなって、
結果今の仕事に繋がっているのかも。

吉井さんが「このフェスは世界一素敵なフェスです」
「来年また」と言っていたのが印象的でした。
来年も来るのね〜^^
そして私はライヴ後半、なぜかバッグのファスナー
が開いてしまい、小銭6枚、日焼け止め、
サングラス、、と次々地面に落としてしまい、、
ライヴ終了後皆さんから「大丈夫ですか?」
と声をかけられ、、でも全部が壊れてなくて
無事で、若カップルに
「また来年ね〜!」と笑顔で言われましたよ。

「えっ?この年でご一緒していいんですか?」と
内心思いつつ、、
「まあライヴの最中は、気持ちは20代だからいいか」
と体を鍛えてまた来年行きますよ(笑)
後で分かったことだけど、同級生とすすきので
飲んでた日、吉井さんもすすきののいつものBARに
いたそうです。しいたけ焼いてる画像がブログに
アップされていました。
Facebookではフェスの様子を楽しそうに記事に
書いていたので、思わずシェアさせていただきました。

   DSCF0382.JPG

岩見沢駅で見かけた馬の彫像。
小さい時から馬の絵を描いていたほどに
馬好きです(笑)
筋肉の付き方とか、曲線とかに惹かれるのかな。

   live.jpg

この日の私。
孔雀のピアス、
ラインストーンのクロスネックレス、
ブラックオニキスのブレス。 

こちらの吉井さんもどうぞ
http://ro69.jp/blog/japan/ymd:20120716
     





 


   


   

     

  






   
                 


posted by ローズ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

各種教室に行ってます

最近私は色々な教室に出没。
実はドールハウス以外にも興味のあるものが
沢山あって困ってしまう(笑)
この間はうっかりフランス料理教室の
日にちを間違えて予約してたのに行き忘れ、
マルコシェフに平謝り(苦笑)
先生は優しいから許してくれたけど、
人数分の材料用意してたんですよね(汗)
最早曜日感覚がなく、、以前は頭の中で
スケジュールを把握してたのに、
年のせいか、手帳に書かないともうダメですね。
(手帳に書く、、基本で当たり前のことでした)

   DSCF0206.JPG

こちら先日受けた福井優子先生の
手作りキャンドル教室。
もうラッピングしちゃってますけど、
フロマージュブラン、ブルーベリーソースがけ
キャンドルなんですよ。
3種類の異なるキャンドル素材の組み合わせで
出来ていますが、ちょっとドールハウスの
粘土細工に似たところがありますね。
ソースのかけ方が全員違って、大胆に真ん中に
掛ける人もいて、、これって性格が出るのかしら
と思っちゃいました。
福井先生は札幌スタイル(札幌市が認証している
地域ブランド)認定作家さんで、北海道らしいその
素敵な作品は千歳空港などで販売されています。

ヴォーグ学園関係の教室だったので、
自身も9月にド―ルハウス教室をやる
関係で、ばったり営業の方に会ってしまい、
「やっぱり木村先生でしたか」と言われ
その場で皆さんに紹介されてしまいましたが、
中にはドールハウス好きな方もいらして、
いい宣伝になりました。

   120705_120305.jpg

こちらは、粘土のスキルアップを計りたいなと思い、、
クレイクラフト教室でバラを作りました。
私はマーブルなど勝手にやっちゃってます(笑)
しかし、私の希望はフラワーコースじゃなくて、
造形コース。。
最初は全員、バラからやるのかな、と
そのまま作っていたら
実は先生が間違えて私をフラワーコースと
思ってたようです。
こんな呑気な私。。バラも習えてよかった
くらいに思っておきましょう(笑)
バラも全員違う形になってたのが、面白かったです。
その人のくせってあるんでしょうね。

   120701_162328.jpg

こちらは、熱や衝撃に強い強化ガラス
「ボロシリケートガラス(ほうけい酸ガラス)」
の体験教室。
酸素バーナーワークを学んで
花のペンダントトップを作っています。
髪の後ろについてるのは保護グラスの留め具です。

   120701_151436.jpg

先生はGAZ glass studioの高田氏。
本人承諾を得て高田氏の画像を載せていますが
「男前に載せといてください」って言われても、、
いつも保護グラスかけてるし、顔は分かりませんて(笑)

高田氏の作品はかっこよくもあり、
繊細で優しくもあり、、 宇宙のようで、植物のようで、
龍や蛇のウロコのようで、
私は6月の丸井展示会でご一緒させていただき
すっかり作品のファンになり、アトリエに
お邪魔させていただくことになりました。
テーブルも手作りで、一部自分で増築したという
アトリエは、「ザ・男のアトリエ」とでもいいましょうか、
めちゃかっこいいです。
でももっとかこいいのはHP
http://www.gaz-glass.com
こちらをご覧ください。

   120701_150458.jpg

しかしまあめちゃくちゃ難しかったです。
それなのに、、
「今日は木村さんスペシャルということで」
とニヤニヤする高田氏。色々やった方が
いいんじゃないかと
特別に通常体験教室より
やる工程を増やしてくれたそうです。
ひぇ〜聞いてないし(笑)
でも結局、高田氏が思ってたより私は
不出来な生徒だったんじゃないかな。
細いガラス棒を1ミリサイズの同じ量で溶かし
落としてゆく作業が保護グラスかけてると
暗くて余計難しいし、
しかも左右の棒をそれぞれ逆回転に回しながら
中央に接着とか、
常に腕を水平に上げてるとか、、
とにかく体力と神経使うことと、、
こんなに大変なものだったとは、、
高田氏尊敬ですね。
途中アメリカで技術を学んできたそうですが
やってて先の見えない時期もあったそうです。
日本はアメリカより10年遅れているんですって。

   120701_175051.jpg

そして後半気を抜いた時、ガラスが真っ二つに
ひび割れしてしまい
「もう直らないかもしれません」
とショックなことを言われたのですが、、
高田氏に助けてもらって、何とか元にもどったんです(涙)
花の咲き具合は、やはり1ミリの量が均等に
溶かせなかったせいで、花びらが不均等ですが、、
最後までやった人ってなかなかいなくて
途中でだいだい「先生、お願いします」って人が
多いんですって。
なので、まあよしってことにしておきましょう。

実はドールハウスに入れるミニグラスとか
教えていただけないかなって思ってて、
でも図々しいから言い出せないでいたら、、
帰り際「ちょっと待ってください。今すぐ出来るんで」
と高田氏が1pくらいの取っ手付きミニグラスを
作ってくれて「こういうのもできますよ」って
言ってくれたので通常レッスンに
ミニチュアものも混ぜて教えてもらえる
ことになりました。(やったー!)
ミニチュアの世界も広がりそうです。
大変な世界ではありますが、頑張ってみます。



posted by ローズ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

旅行に行ってきました(続き)

長らくお待たせいたしました。
前回のブログの続きですが、、
そう、私が新しいデジカメを買って画像サイズを
ブログ用に小さくせずにそのまま載せていて、
過去の画像も削除の仕方が分かってなかったので、
ファイル容量がいっぱいになってしまいました。

問題解決したので、凄く時間が過ぎちゃいましたが、
旅行の続きを書きますね。
   
   
   

 
   
DSCF0083.JPG

道には、じゃがいも畑が広がっていました。
車を止めてじゃがいもの花を撮りました。

   
DSCF0080.JPG

   DSCF0079.JPG

花も2種類の色がありました。品種が違うのかな。

   
DSCF0061.JPG

十勝岳の温泉宿の前にキツネがいて、全然逃げないので
写しちゃいました。
温泉から見た景色も最高だったのですが、、
カメラはお風呂に持参しなかったので、、残念。

   
DSCF0088.JPG

次の日は、旭川の旭山動物園に寄りました。
暑さで、外の動物たちはけっこうだら〜っとした姿で
それがまた笑えましたが、、、
白クマのこの表情!なんだか人間っぽいですよね。

   
DSCF0095.JPG

白鳥と黒鳥もいました。黒鳥は羽を広げた時、
後ろの羽に少し白い羽が混じっていて、
そこがかっこいいんですよ(笑)
その他、カエルとかペンギンとか色々撮ったんですが
ボケちゃってたので、旅の話もこのへんで失礼します。

 

 
posted by ローズ at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

旅行に行ってきました

先日、富良野、十勝岳温泉、旭山動物園に行って
北海道を満喫してきました。
改めて自然に触れるって、なんて気持ちいいんでしょう。
北海道の夏は短いけれど、この時期は本当にいいですね。

わたくし、北海道人なのに、、、
北海道にはいい所がいっぱいあるというのに、、、
あまり足を運んでいません(苦笑)
なんとももったいない話ですよね。
興味は多いにあるので、、、
今年は色々行きますよ〜!

写真を撮ってきましたので、多分私のブログ史上最大に
長くなるかと思いますが(笑)
どうかお付き合いくださいね。

   DSCF0026.JPG
   
   DSCF0013.JPG   
  
   
「風のガーデン」に行ってきました。
同名の倉本聡脚本のドラマは2008年にフジテレビ開局
50周年記念に作られた、ガーデニングと終末医療、
人の死をテーマにした物語。
以下、倉本聡のインタビュー記事より抜粋
「毎年散っていく花というのは、短い期間で生と死を
繰り返している。人間の一緒も70〜80年かな、
その間で散ってはまた再生していく。
花と同じなんだよね。そこが一番書きたかったんだ。」
残念ながら名優緒形拳の遺作になってしまいましたね。

2年間かけて作られた約2000uのイングリッシュ・ガーデン
には360種以上の花が咲くそうです。

   DSCF0012.JPG   


私が惹かれる花、ジギタリス
別名キツネノテブクロ(foxglove)
学名の由来は、ギリシャ語の「ゆび」を表しdigitalに由来
花の形が指サックに似ているからなんですって。

うっ血性心不全の特効薬なんですね。
心臓の病で亡くなった夫を思い出して
ちょっとだけ切ない気分になりました。

   DSCF0019.JPG   


   ジギタリス・パープレア

   DSCF0011.JPG  


   ジギタリス・マート二エンシス

   
   DSCF0023.JPG   


   ラムズイヤー‘プリムローズヘロン’
茎も葉も白い綿毛に覆われてフカフカ♪
葉が子羊の耳のようなのでラムズイヤーと
呼ばれているんですって。

   DSCF0014.JPG   

   
   小花が可愛らしい
   アキレア・ミレフォリウム‘コロラド’(赤)と
   トロリウス(オレンジ)

   DSCF0020.JPG   


蝶々が沢山花にとまっていました。

   DSCF0016.JPG   


緩やかにカーブするパーゴラ
ここをゆっくり通ってみるのもいいですよね。

   DSCF0040.JPG   


そしてファーム富田に移動。早咲きのラベンダーが
咲いていました。主に濃紫早咲、おかむらさき、
ようてい、はなもいわという種類があります。
香りもそれぞれ違います。

ラベンダーは草のように見えて木って知っていましたか?
私は恥ずかしながら知らなかったのですよ。
シソ科の仲間なんですって。
この香りは、古くからヨーロッパの人々に
愛されてきたんですね。
思わずラベンダーのマッサージ・オイルを
購入してしまいました。
   
   DSCF0039.JPG    


資料館から見た風景
   
   DSCF0031.JPG
   
 
  
ここはドライフラワーの舎といって、2009年に
オランダ人のフラワーデザイナー、レオ・オークメイド氏
を招いて、6年ぶりにリニューアルしたそうです。
北海道の秋がテーマでオレンジ・黄・赤などの花材が
ふんだんに使われていました。
何か日本人の感覚と違うディスプレイだなと思ったら
そうだったんですね。木の実のようなドライフラワー
を購入しました。

   DSCF0036.JPG   


壁もみごとなディスプレイ。スケール大きいです。

   DSCF0028.JPG   


お昼は富良野オムカレー♪
牛乳と杏仁豆腐もついて1000円なんですよ。
ここのはさほど辛くなくて優しい味でした。

富良野カレーから派生して以下の6条件が条件の
ご当地グルメなんですって。
1.富良野産の米にひと工夫加えたライス。
2.卵は原則富良野産。オムレツに旗を立てる。
3.富良野産チーズ(バター)かワインを使う。
4.野菜、肉なども富良野産にこだわる。
5.富良野食材の+1品と「ふらの牛乳」をつける。
6.税込み1000円以下で提供する。

色々なところで食べて味を比較するのも
いいかもしれませんね。

   DSCF0068.JPG   


美瑛白金青い池に移動しました。
ここは以前から、人からいいよとよく聞いていたところ。
一度はこの目で、どんな青色なのか
確かめてみたかったので行けて
一番嬉しかったところでした。
途中の道で雨がポツポツと、、天気も曇りのせいか
こんな感じでした。

   DSCF0059.JPG


   
  
  
でもなんて美しいんでしょう。おとぎ話の世界のような、、
     
秘かに静かに感動する私でした。

この色の原因は白金温泉地区で湧出している
「白髭の滝」などから、アルミニウムを含んだ水が
流れてきて美瑛川の水と混ざると目に見えない
コロイドが生成され太陽の光がコロイド粒子と衝突して、
色々な方向に散乱され波長の短い青い光が
散乱されやすいため、その光が私たちの目に届き、
青く見えるんですって。
  


   DSCF0072.JPG  

次の日の朝も行ってみました。太陽の光が
一瞬射した時に湖面に木々が写って、
幻想的だったんですよ。

   DSCF0062.JPG       


これが「白髭の滝」です。地下水から湧き上がる水が、
白金小函の渓流に流れ落ち、冬も凍ることなく勢いよく
   
しぶきを上げる姿は圧倒的ですね。
通称「ブルーリバー」とも呼ばれているのだそうです。
   
   

ファイル容量がまたエラーで、、
いったんここまでとしますね。  




   
posted by ローズ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

展示会終わりました。

丸井今井での展示会に足を運んでくださった皆さん、
ありがとうございました。
今回もまた色々な方との繋がりが出来ました。
お客様や異分野の作家さんたちや企画の方や、、
私も去年に比べるとだいぶ札幌に慣れてきたように感じます。

今は実家で休みつつ、アトリエを片付けています。
展示会前からかなり散らかしていたので(笑)
段ボールに入った作品が戻り、ところ狭しとなっています。
アトリエに住んで9ヶ月、、だいぶ物が増えてきました。
ちょっと整理しないと(汗)
来月からアトリエで教室も始まるんでした。
実家の花をアップしようとしたら、、
容量が超えたようでアップできません。
しばらくお待ちください。


posted by ローズ at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

今日から始まりました

「東京は梅雨入りしてじめじめして嫌だ〜」
と生徒さんから聞いたのですが
札幌は今暑くもなく寒くもなく、
「こんなに6月って素敵な季節だっけ?」と思うこの頃。
また花の画像を載せたいところですが、、
今日から展示会が始まりますので、
作品の写真を載せますね。

120612_220605.jpg

目線に丁度いいガラステーブルの上に
作品が乗りました。全て販売していますよ。
一番大きな作品は、この高さのせいか
だいぶ迫力が出てしまいました(笑)

120612_001751.jpg

この前の展示会の画像で、、、
「小物がよく見えないです。見たいです。」
というお声をいただきましたので(失礼しました)
アップで写しましたよ。
北海道の花のイメージからのブローチです。
2×3センチのミニフレームに入っています。

120612_161447.jpg

時計付きのブレスレットを作ってみました。
こちらも、北海道の花のイメージプラス
以前から大好きなディズニーシーの
「マーメイドラグーン」の映像がなぜか浮かんだので
そこからのアリエルや海の泡のイメージで作ってみました。
甘辛が好きで、ロマンティックな素材にベースは
ブラウンのレザーにしてみました。
留め口はアンティークボタンだったりします。

母に見せた時、
「これ付けた時、時計はどうするの?」
と聞かれ「仕方ないから時計は右にするよ」と言ったら
「それは使いにくいよね。このブレスに時計を
つけてしまえばいいんじゃない?」と言われ、、
母のアイディアから新作が出来ました(笑)
「なんかこれつけると芸能人みた〜い」とか
2人で笑いつつ、、(おバカな発言ですみません)
そう、地味な色合いなのにちょっと派手感があります。
なので、シンプルな装いに、アクセサリーは
これ一つでオッケーですよ。

120612_002257.jpg

そしてこちら什器用のアクセサリー掛けなんですが、、
よく「これがかわいい」と好評だったので
父に発注して(笑)木を彫って作ってもらいました。
手前の2つが手作りのです。
彫る作業はだいぶ苦労したようで、、
しかも母が言うには、最初はウェストもなく
胸も大きすぎて(笑)母が指導して直したそうです。
「もうやりたくな〜い」なんて言ってました。

ドールハウスは勿論、こんなもの達もよかったら、
見に来てくださいね〜。

120612_110923.jpg

そして私は朝から、ごぼうを削って天日干し。
今私と母の間で流行ってるのは
よくTVでお見かけする医者の南雲先生のこと。
会う度にその話題で盛り上がってます。
この先生、ごぼう茶で血管が20歳若返ったんだとか。
その他、ごぼう茶には色々いいことがあるようで
私も早速ごぼう茶を作ろうと、思い立ちました。

なにもこんな忙しい時にやらなくてもね(笑)

120613_064808.jpg

そして麦入りマイタケとごぼうとぶた肉の
炊き込みご飯を作り、今日会場に来る母に
渡そう。いつも搬入前は、ご飯やおかずを
持ってきてくれたり、なにかとお世話になってるのでね。
しかしやっぱりごぼうには鶏肉でしたね(苦笑)

posted by ローズ at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

北海道は今いい季節

今、北海道は段々といい季節になってきました。
今まで撮りためた花の画像などをまとめて載せますね。

1ヒヤシンス.jpg

東京の友達にもらったヒヤシンスの球根が
咲きました。ちょっと画像を加工してみました。
この花瓶はダルビッシュのお父さんから購入したと
母が言ってました。

120523_093137.jpg

実家の庭のチューリップ。
手前のギザギザの花の中はブルーです。
もう枯れたとは思いますが、
うちは父の植え方がとても変わっています。

つばき.jpg

瓶の中に浮いていた椿

グローブ.jpg

手みたいで、面白いでしょ?(笑)

まつぼっくり.jpg

まつぼっくりがこんなになっていてびっくり

カタクリ.jpg

カタクリとエゾエンゴサク

みつば.jpg

三つ葉が伸びてきた様子

120521_072231.jpg

失敗した金環日食
なぜ、こんな形に・・・

ねこ.jpg

はあ、疲れたにゃ〜
ってうちのネコではありません。
気持ちよさそうね。

120502_104141.jpg

ちょっと前まで元気がなかったので
心配した知人からプレゼントを頂く。
ピンクのリボンが鮮やかでなんて素敵なんでしょう。
クッキーとカモミールティー。
ものすごく美味しくて癒されました。

ブランデー.jpg

最近ちょっと飲むようになった。
外で一人で飲んだり、人と飲んだり、家で飲んだり、、
ビールだったりワインだったり、マッコリだったり。

この日はブランデースプリッツァー。

酔っぱらってる時にメールしっちゃったりすると
後で後悔することに(汗)
皆さん、気をつけましょうね(笑)

長かったですね。
お付き合いありがとうございます。












posted by ローズ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

展示会&教室のお知らせ

次回の展示会&教室のお知らせです。

「sapporoクリエイターズステーション」

札幌在住のクリエイターの作品を展示、販売いたします。
6月13(水)〜19(火) 
AM10:00〜PM8:00(最終日PM7:00)
札幌丸井今井大通り館4F ザ・ステージ♯4

高橋由香里(ビーズアクセサリー)
福井一江(帽子)
本居優美(ビーズアクセサリー)
高田和幸(ガラスアクセサリー)
木村真澄(ドールハウス)

皆さん、よろしければいらしてくださいね。お待ちしております。

講習会のお知らせ
120602_145828.jpg
ミニチュアトランク制作体験

W13×6Dセンチのミニチュアトランクの中に
ピクニックの風景を作ります。

作るもの:テーブル、バケット、クロワッサン
      カマンベールチーズ、
      ワインボトル、お皿など
日時:6月15(金)、16(土)
PM1:00〜3:00
講習料:5250円(材料費込み)
場所:大通り館10F特設会場
ご予約:お問い合わせ・・・011−205−2643

初心者の方でも受講可能です。また必要な道具は
こちらですべて用意いたします。
どうぞ気軽にお受けください。

ストラップ.jpg

また会場にてPM1:00〜6:00
パンのストラップ体験教室を行っています。
樹脂粘土でバケットとミックスベリーデニッシュを作ります。
受講料1575円(材料費込み)
こちらの方もお待ちしております。
(予約不要)

posted by ローズ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

5月展終わりました。

展示会が無事終了いたしました。
また新たなお客様との嬉しい出会いがありました。
2回、3回と足を運んでくださった方もいて、、
天候も安定しない中、本当にありがとうございました。

120508_201249.jpg

展示会の様子です。
今回はアクセサリーを少し増やしてみました。

また来月の13日から7日間行われる
札幌丸井今井大通り館4Fでの「北スタイル展」では
大きなドールハウスをメインに展示、販売したいと思いますので
どうぞ沢山の皆様のご来場をお待ちしております。
posted by ローズ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

明日から展示会です

皆さん、GWはどう過ごされましたか?
私は風邪で実家で静養してました。
弟が帰ってきて養命酒を勧めるので飲んでいます。
でもいいような気がします。
弟は風邪を引かなくなったそうで、私は手足がぽかぽかしてきました。

そして4月展示会が終わったと思ったら、、、また明日から展示会です。
今年の前半はいつになくとばしています。
大丈夫かな、私。。ですが、養命酒飲んで後半は旅行などに行くとして
今は頑張りたいと思います。

クリエイターズステーション
5月8(火)〜13(日)  10時〜8時(最終日6時まで)
札幌丸井今井大通り館4階 ザ・ステージ♯4

出展作家
*ラティーフ神良江・・・上品で大人な色合いのビーズアクセサリー
*フラワーアトリエ・・・ 千の華・沢田千華・・・プリザーブドフラワー
*小室悦子・・・ベネチアンビーズや天然石を使ったアクセサリー
         
*杉田恵美子・・・純銀を使った繊細なアクセサリー
*塩野圭子・・・針と糸で編む天然石のステッチアクセサリー
*木村真澄・・・ドールハウス、ピンクションや雑貨

120506_084835.jpg

新しく作ってみました。
3×2.5pのミニフレームにアンティークレースを飾って・・・
マグネットになっています。

アジサイのドライフラワーを買ったら・・・・・
その色合いにうっとりしてしまい、このようなノスタルジックな色合いになりました。
また、イラストレーターの宇野亜喜良氏の「少女からの手紙」という本からの
インスピレーションで、アクセサリーも作りましたので
よろしければご来場ください。

120501_195144.jpg

元気になるもと・・・・

母と作ったレモンサワー

posted by ローズ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

4月の展示会終わりました

かなりの久しぶりのブログになってしまいました。
展示会後半から風邪を引いてしまい、、まだ寝たり起きたりしています。
展示会準備前もお天気のせいか、色々思い悩むことのせいか、
不眠症になってしまい、、そこからどんどんうつ状態に。
疲れもたまってしまい、、病院で血液検査したのですが
どこも異常はなく、、今漢方を飲んだりしています。
それでも展示会場に午前中母などにも来てもらったりして
何とか展示会を終えました。

今回初札幌での展示会。
広いスペースではありませんが、、
沢山の方々に見に来ていただいて、色々な出会いがあり、、
ありがとうございました。

120422_120742.jpg

札幌丸井今井一条館の会場の様子

120418_100320.jpg

ピンクッションとアンティークフレームとレースの
プッシュピンが好評いただき、ピンは完売。
ありがとうございました。

120422_120355.jpg

他の方のブース、、遠慮がちにとってしまい
イマイチ写真ですみません。

120418_100241.jpg

高校の同級生からお花をいただきました。
斬新なデザインが素敵でした。
「これも作ったの?」となぜか沢山聞かれてしまいました。
いや、生そっくりの花は作れません、て。

一緒に出展させていただいた私以外、ビーズ作家の方たち
(ラ・ティーフの神宮良江さん、幸田真弥さん、小室悦子さん)は
皆タフです。
私、コリがたまるとどうもダメなので、、まず体を鍛えて
マイペースで頑張ります。



posted by ローズ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

美瑛・富良野・旭川にグンちゃんが

先週、制作のお手伝いしていただいてるIちゃんと車で
美瑛・富良野・旭川に行ってきました。
私、その昔はまさか自分が韓流ドラマにハマるとは
全く思わなかったのですが、、
なんと「メリは外泊中」からグンちゃん好きに。
(イケメンですねでは、ハマらなかった)
今ではすっかりうなぎ。
グンちゃんの次のドラマ、冬ソナのユン・ソクホ監督の
「ラブレイン」サランピ(愛の雨)で北海道ロケに来ると知り、
Iちゃんと話してるうちに盛り上がり、、
そうこうしているうちにグンちゃん千歳入り。
ロケ現場に行ってくることに。

情報はどう集めればいいのか、いつ行くのか、宿泊先や
防寒は、、、などなど色々と下準備していざ出発。
TVでロケの様子が入ったけど、ロケ現場は分からない様子。
それに迷惑をかけてロケが中断するようなことがあっては
絶対にいけません。

    哲学の木.jpg
   
   
    
    
美瑛の哲学の木。ここでロケをやったそうで、、
もしかしてグンちゃんの足跡? 
   
    AnCudKgCEAARFyl.jpg
     

一人用テントで寒さをしのぐグンちゃん。

     
    DSCF7327.JPG

冬景色。ホントに札幌に比べたら冷凍庫みたいに寒かった。
よく風邪引かなかったなあ。
今度は夏に来たいものです。 

    ニングル2.jpg
カイロいっぱい貼って頑張って、グンちゃんに遭遇。
富良野のカレー屋さんの前で
車に乗るシーンの夜のロケを見ることができました。
小さく手を振ってくれました。(上の画像ではありません)
背が高くて色白でかっこよかった〜。  
写真撮影禁止だったのロケ中の写真はなしです。

倉本聡監督のドラマ「やさしい時間」のロケ地、
ニングルテラスが宿泊した民宿に近かったので行ってみました。
光が点々としていて小さな雑貨屋さんがいっぱい。
幻想的でした。

    森の時計.jpg

ボケてますが、寺尾聡がドラマでやっていた喫茶店「森の時計」へ。
倉本聡がドラマの為に建てて、現在はそのまま使っています。
店内はあのドラマのまま。こちらも感動しました〜
カウンターに座るとコーヒー豆が自ら挽けるカウンター席へ。            
コーヒーが入るまで、2人とも今日の幸せな出来事に浸って、
おいしいスパイシーカレーを食べて心も体も温まり
じんわりきました。

この流れが最高に幸せな時間でした。
そして、偶然にも泊まった民宿から歩いてすぐのホテルで
またロケをしているようでした。

   o0440058611843090050.jpg

また旭川駅内はこんな感じで、、偶然2メートルぐらいで
見れてしまいました。隣のうな友が「ソギ!」と叫んだので
こっちを見て目がキラッと、、その瞬間私は真っ白に。
角膜に画像を焼き付けるはずが、、記憶が飛んじゃいました。
ああ、、ショック!ぐすん。

皆そうみたいでしたが、北海道からグンちゃんが帰って
くれるまで、なんだか落ち着かず、、
最後に空港にお見送りしてしまいました。
こんなことしたのは、はじめてです。
またここでもうな友さんが出来ました。
Iちゃんも見て以来すっかりファンになってしまいました。
やっぱり人を魅了する力があるんでしょうね。

   
    DSCF7342.JPG

さようなら〜グンちゃん。
結局6回見てしましました。
頭触ったり、髪の毛や服ひっぱたり
ひどいことをした人がいるみたいですが、、
それなのにファンサービスしてくれて、、
優しいですね、ありがたいですね。
日本の震災にもメッセージをくれましたね。
あれから1年なんて早いですね。
日々、色々なことに感謝しつつ、
またお仕事頑張りたいと思います。
ドラマ、楽しみですね。

posted by ローズ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

パリアンティークテイストをテーマに展示会

丸井今井札幌店・一条館7階で
数名の作家さんと展示会をさせていただくことになりました。
また近くなったら載せますが
日にちは4月17日(火)〜23日(月)です。

   120205_071453.jpg

こんなのとか

   120205_071151.jpg

こんなのを見ながら構想中。
これはH氏からいただいた韓国のカードなんですけどね。

   120226_143715.jpg

ドールハウス以外にも小物を出します。
こちらは、ビースやレースを刺したピンクションと
指輪のミニピンクションです。
このシリーズは以前から細々と続けていて、、
作るのは久しぶりです。

   120227_104655.jpg

またこんなミニフレームの教室もやる予定ですよ。

posted by ローズ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒いけどあったかいもの2

まだまだ北海道は寒いですが
2月より3月になってからの方が暖かい気がしますが
今日も小雪が静かに舞っています。

今日は粉雪という感じ。

毎回、雪の大きさや降り方が違うのでそれを窓辺から見るのが
楽しくて。

そんなある日、東京の友人でドールハウスや
カルトナージュやビーズアクセサリーなど器用に作ってしまう
田中美奈子さんからCDやDVDを貸したお礼にと
かわいいパリテイストなティーコゼーが届きました。

   120229_101723.jpg

あまりのかわいさに感激です!!
しかもきっちり目が揃っていて、小花もボンボンも
愛らしい^^
見えにくいですが、両方に穴があいていて、
そそぎ口と持ち手が出ます。

これで紅茶を注いだら、気持ちもアップしますよね?
ずっと冷めないし、本当にありがとうございました。

   120303_095418.jpg

そしてこちらは、田中さんのお母様が編んでくださった
指なし手袋。凄く細かい毛糸でビーズも編み込んであるのです。
親子で編み物が凄い上手です!!
改めて手作りの良さをしみじみ思うのです。。

また一昨日は原田知世と大泉洋の映画
「しあわせのパン」を観ました。

最近制作のお手伝いに来てもらってる大泉洋ファンの
Iちゃんの誕生プレゼントにこの映画を贈りました。

じんわりとあったかくて良い映画でした。
もう何回泣いたことか。
ぐっとくるセリフがいっぱいなのです。
しかも最後、あんな展開だったとは。
監督が女性なのですが、あたためてあたためて
大泉洋の事務所と作ったみたいです。

この映画を観ると絶対パンが食べたくなりますよ^^

   120303_094720.jpg

私たちも思わず「DONGURI」のパンを。
Iちゃんが手作りの豆乳ホワイトシチューを作って来てくれて
映画を思い出しながら食べる幸せ。
美味しくてシチューを撮り忘れてしまいました。
ショック!ごめんなさい。


   
posted by ローズ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

チョコレート

あまり時間がなかったのですが札幌丸井今井でやっていた
「サロン・デュ・ショコラ」に行ってきました。
チョコレートや箱のデザインなどは
勉強にもなるし、ものを見るのは好きです。

 
    
    
     
      
      120212_111929.jpg

      120213_051051.jpg

数あるスタイリッシュなチョコレートの中から
今年も私が素敵だなと思ったのは、やっぱり
ベルギーのDEBAILLEUL(ドゥバイヨル)のチョコレートです。
温和で素敵なドゥバイヨルさんとお会いした時の事を
思い出してしまい、思わずこの箱のものを購入してしまいました。
イエローとオレンジの中間色の
またまた素敵な箱です。

     120213_051656.jpg

もちろん中身もとっても美味しです。 
 

     120213_143206.jpg

こちらはプレゼントに東京のYさんから届きました。
なんと!2センチ幅のミニチュアバッグのチョコレートです。
かごバッグにはリボンも付いてるし、
手前のバッグには小さなポケットもちゃんと付いています。
こんなの見たことがなかったので感動です。
Michel Chaudun(ミッシェル・ショーダン)のチョコレートです。
しかし、バレンタインにいただくなんて、ありがたいですね。
私も父に和風スタイルのチョコをプレゼントしました。

         

        
posted by ローズ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

たまに料理教室へ

2つ目のブログです。
たまにドールハウス、ミニチュア以外のことを
無性にしたくなることがあります(笑)
たまには生徒の立場になるのもいいことですよね。

それで、料理教室に行ってみることにしました。

大人数よりこじんまりとしていて、不定期に通えるところで
近くでないかネット探していたら、、
札幌在住のフランス人シェフ、マルコ先生のサイトに出会いました。
       
     BLOG7254.JPG

この日は、「魚介のライス・クロッケ」と
     
「チョコレート包み白ヌガ」でした。

こんなのいきなりできる?と思ったら、、
マルコ先生が作って、生徒さんはレシピを見ながら
メモや画像を撮ります。
だからお手頃な教室代なんですね。

     BLOG7276.JPG

 

     BLOG7275.JPG

下に敷いたブルスケッタと同じ作り方のオリーブオイルに
日本には入って来ない、年間100本ほどしか取れない
貴重なオリーブオイルを惜しげもなく、たっぷりと使ってくださる先生。
このオリーブオイル、もの凄く美味しかったです。

     BLOG7278.JPG

こちらはヌガ。デジタル温度計が必要で卵白を混ぜる
タイミングがちょっと難しそうです。。  

そして、私たちは食べる至福の時間。
「いかん、これは忘れそうだ」と、その日の帰りに食材を買って
早速おさらいの意味でもクロッケを夕飯に作りました。

     DSCF7284.JPG

中の魚介は新鮮なものなら何でもいいそうで
私はホタテとびんちょうマグロとタラコにしました。
タラコとチーズって合いますね。
意外とうまくいって満足。
新鮮な風が吹きました。



    
      
     
  
     
     
posted by ローズ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。