2014年02月12日

刺激と癒しの名古屋展示会

先日、名古屋三越栄店での
「ドールハウス・ファクトリー
〜魅惑の小さな世界へ〜」展へ
出展させていただきました。

参加メンバーは、本澤敏夫氏、
吉田和則氏、ビスクドールの
津田玲子氏、藤井寿美江氏、
小林なぎさ氏、大川原久美子氏、
ミニチュアパーツ・キットを扱うビリーさん、
そして私、木村真澄。

IMG_1533.jpg

連日沢山のお客様に来場いただきまして
ありがとうございました。
お客様とお話ししたり、質問を受けたり
「頑張って」と励ましのお言葉をいただき、
話しているうちに2回もお客様と一緒に
共感し泣いてしまった私。
行く前は年末あたりから心身共に
疲れていて思うように制作できず
ちょっと弱気でいたので
お客様から癒しとパワーをいただきました。
色々とご注文もいただき
ありがとうございました。

キットやパーツも何やら沢山売れて
いる様子で改めてミニチュアに興味の
ある地域なんだなあと実感。

名古屋三越.jpg IMG_1517.jpg

会場の様子、全部撮ってませんでした(汗)
各自モノクロの垂れ幕?本澤氏が忙しい中
作ってくださいました。ありがたいですね。
また、今回は少しビーズアクセサリーも出させて
いただきました。
皮に天然石やビーズを刺したブレスレットや
天然石とワイヤーで即興的に作ったチョーカー
など、好評いただきありがとうございました。
久しぶりに各地の作家仲間ともお会い
できたことも嬉しいことでした。

名古屋に行って思ったことは、、
私の作品の中で、見てすぐ
分かる作品と難解な作品が
あるのですが、、
その難解な作品をいいといってくださる方
がいたということ。
それは、ファッション業界の方や物つくりを
している方々なのですが、
女性も男性もいて、中には
「この人は美意識が高い」という方
もいました。
かつてはスタイリストか洋服の
デザイナーになりたかった私。
その過程で色々経験して
今に至るわけですが、、
なので、現代美術から音楽から
映画から舞台から色々なものから
インスパイアされて作った作品が
見てくださった方に何かしらの影響を
与えられたらいいなと思っています。
ドールハウスの枠を超えてアートに
なるように、、、。

日曜美術館再放送、猪熊玄一郎さんの
回を見ていて、そこからの抜粋
なのですが

決められたものを決められたものとしないで
1回自分の中に入ってから外に出さないと
アートの意味がない。
「確かに」と思いました。
そこを目指して頑張ります。

名古屋三越の隣ビル、ラシックには
雑貨から洋服、靴、バッグが
札幌とも違う東京とも違う
見たことのない物が多くて
大いに刺激になりました〜。
そしてセンスがいいし、個性的
なものが多い。
面白いので会期が終わった搬出後
一緒に札幌から行った
大川原氏と雑貨をよく見て
そしてよく食べました。
名古屋名物、おいしい!
手羽先、手羽餃子、エビフライ、
きしめん、櫃まぶし、味噌カツ、
味噌おでん、小倉トースト、
ほとんど制覇か?(笑)
名古屋、好きな街です。

はりやま2.jpg

作品「針山のエンジェル」
ファッション関係の方に
ご購入いただきました。
後日温かい励ましのメールをいただき
ありがとうございました。



posted by ローズ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。